Checking Wheel End Play

タイヤ交換の際はホイールベアリングのエンドプレイをチェックしておきます。

IMG_2850

バイスにアクスルシャフトを挟んでホイールを取り付けてチェックします。
計測結果エンドプレイゼロでした。

73-99年(ショベルからエボ)まで採用されているテーパーローラベアリングですが
リアホイールの場合アクスルシャフトナットを60-65ft-lbs (81-88 Nm)でしめた状態で
エンドプレイは0.002-0.006インチ(0.05-0.15mm)の範囲がマニュアル規程値です。

IMG_2851

シールを取り外してチェック致します。

IMG_2858

中身のベアリング、カラーなどを洗浄して

IMG_2859

チェッキングです。

IMG_2861

真ん中のあたり面にアトがあるように見えます。

IMG_2852

ベアリングレースのあたり面にも筋が確認出来ます。

サービスマニュアルの定期点検スケジュールでホイールベアリングは
10000マイル(16090キロメートル)で洗浄及びグリスアップ、
必要であれば交換のメニューになります。

IMG_2863

ですので今回はレースとベアリングのセットで交換致します。

古いレースを取り外し、新しいレースを圧入します。

IMG_2867

そして仮想でベアリング、カラー、シムをセットし確認します。

IMG_2869

シムのセットを数回調整致します。

今回は0.1mmのエンドプレイで収まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です