Handlebar Exchange – Dragbar

ハンドル交換 - ドラッグバー

IMG_3856

極シンプルに

IMG_3857

グリメカマスタシリンダー、ダブルスロットルアッシー、
アーリースタイルクラッチレバー、ミニスイッチハウジング、

IMG_3868

スターターボタン、ヘッドライトハイロースイッチ、
エンジンマウント部に移設、グリメカマスター用ミラーステム

Brake Fluid Exchange

車検整備ブレーキフルード交換作業

IMG_3747

フロントブレーキライトスイッチ不良で交換

IMG_3748

リアブレーキフルードそこまで激しくは汚れていない
ように見えますが2年に一度は要交換メニューです。

IMG_3749

古いフルードを抜き取りパーツクリーナーで
清掃すると結構汚れております。

IMG_3750

マスターシリンダー、キャリパー内部でピストン、シール等が
常に作動致しますので、それらやオイルの劣化でカスが出ます。

IMG_3751

キレイに清掃した後

IMG_3752

新しいフルードに交換します。

 そしてホース内、ブレーキキャリパー内の古いフルードを
押し出してすべて新しいモノに入れ替えていきます。

IMG_3761

フロントブレーキも同じく

IMG_3762

清掃致しまして

IMG_3763

リフレッシュ!!

’92FLSTC Tire Exchange

タイヤ交換承りました。ありがとうございます。

SDGP7386

まずリアからホイールを外してベアリングチェック、
ダメージありましたので交換させて頂きます。

OSXN5457

インナーカラーのあたり面も少し荒れていましたので
修正しディスタンス調整致しました。

QCAL9969

ベルトプーリーの取付ボルトが3本おかしかったのと
スペーサーがワッシャーになっていましたので
こちらも交換いたしました。

KEMK4928

でベルトですがこちらショベル用のホイールが装着されており
調整がタイトでタイヤに接触アトありでした。
出来ればベルト交換も望まれますが要相談いたします。

RXND0780

でホイールバランス取りいたしましてリアタイヤ装着しました。

ワッシャーからスペーサーに交換して2mmほど変わりましたが
まだぎりぎりで若干斜めにしないと干渉します。

フロントタイヤもベアリングアウトでしたので交換。
こちらもショベル用ホイールですがオフセット調整が
厳し目でございました。

New Tappet Assy Install

タペットアッセンブリー取付

IMG_3135

ローラーFITが規程値オーバーしておりましたのでローラーの交換を
試みましたがタペットボディーのピン穴部分にもダメージありでしたので
潔くおNEWのS&S製Tappet Assemblyに交換いたします。

IMG_3137

こちら日本製のローラーベアリングが付いておりました。

IMG_3130

取付前にカムギアーのエンドプレイチェックで
0.010インチ(規定値0.001-.016インチ)を確認

IMG_3169

タペットブロック洗浄&フィッティングクリアランスCheck

IMG_3170

オッケー確認後フレックスホーンで

IMG_3182

ホーニングして、しっかりと洗浄IMG_3198

でこちらの専用工具を使用して

IMG_3196

きっちり位置決めしてから取付けします。

ボルトインしてトルクレンチで見ながら均等に

規程トルク(65-105 in-lbs)で締め付けて完成です。

Rocker Arm Bushing Repair

ショベルヘッド • ロッカーアームブッシングリペアー

IMG_3353

計測いたしますとシャフトに対してのフィッティング寸法が
オーバーし見た目にも損傷がありましたので交換します。

IMG_3355

JIMS製専用工具にて取り外し

IMG_3358

JIMS製ブッシングをJIMS製取付工具でセットし

IMG_3367

JIMS製専用リーマで

IMG_3365

内径寸法を仕上げ

IMG_3368

フレックスホーンで

IMG_3371

シャフトとのフィッティングを確認しながら

IMG_3369

最終仕上げします。

Valve Spring Install

ショベルヘッド • バルブスプリング

IMG_3218

アウタースプリング、長さ違い&ヘタリあり

IMG_3217

インナースプリング、こちらも長さ違い

IMG_3216

なので全てセットで新品に交換します。

IMG_3219

もちろん同じ長さです。

IMG_3220

プレッシャー値もチェックしておきます。

valvespecs

規程のプレッシャー値、長さ、があるので

IMG_3336

組付けてから

IMG_3337

組んだ状態で長さを測ります。

IMG_3338

バルブスプリング用のシム厚み3種あります。

IMG_3340

4つとも同じ長さに近くなるようにシム調整します。

IMG_3343

バルブスプリングの圧力が均一で、
バランスの良い状態に仕上げます。

Valve Sheet Cut

ショベルヘッド • バルブシートカット

IMG_3259

バルブシートを修復します。

IMG_3396Neway Valve Sheet Cutter Set
ハーレー用のシートカットツールセット

IMG_3239

バルブガイド用パイロット、外径が細かく数種類あります。

IMG_3296

まずはバルブシートのあたり位置を計測して

IMG_3297

刃物の位置を調整致します。

IMG_3240

バルブガイドに適正サイズのパイロット差し込んで

IMG_3242

60°カットの刃物をセットし

IMG_3263

こんな感じで手動でカットしていきます。

IMG_3243

次に31°の刃物でカット

IMG_3244

その次46°カットで完成

IMG_3245

スカッとサッパリ!! 男前

IMG_3302

そして光明丹スタンピングチェック

IMG_3249

シートのあたり面の幅を確認します。

Seat width .050 インチ(1.27ミリ)

IMG_3292

そしてバルブ擦り合わせ

IMG_3293

すりすりで

IMG_3303

仕上げます。

IMG_3304

これでピタッときます。